top of page
  • 院長 石井 悌治

ひどい頭痛も3ステップの施術で根本改善


頭痛と吐き気のある患者様の症例ご紹介

症例のご紹介 頭痛と吐き気がある患者さんが来院してくれました。 仕事が忙しく、全体的に疲れた様子でした。 頭痛は、首の項部が張ってますと頭痛につながります。 吐き気や気持ち悪いといった症状は肩甲骨付近の筋肉が張っている時になったりします。 この患者さんもかなり筋肉が張ってしまっていたので、DAマッサージで揉みほぐしました。 その他に頚椎の動きをよくする頚椎調整、PNFストレッチを行いました。 施術後には、「頭痛、吐き気と気持悪さはなくなった!!」と言って頂きました。 また、筋肉が張ってしまう根本の原因は頚椎などの関節してる部分が動いていないと、それにともなって筋肉が張ったり痛みが出てきます。 ですので、筋肉の部分はそのときの施術である程度よくなりますが、根本の施術をしないと、また同じ症状が出てしまいます。 当院では、根本の原因をしっかり診察し、患者さんにあった施術をしていきます。 根本の原因を定期的に施術することによって今まで抱えていた悩みを解決し、症状が出ないようにしていきます。 頭痛でお困りの方はこちら

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page