top of page
  • 院長 石井 悌治

他で股関節痛と言われてきたが、実は坐骨神経痛だった


患者様よりお喜びのお声を頂きました

20180215

☆ I,Kさま 女性 57歳 ☆①始めて来院された際はどのような症状や悩みがありましたか? 歩く事が痛みで出きなく、真直ぐ立つ事も出きませんでした。 痛みの為、夜も寝ていられなかったです。 ②当院で施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか? 痛みもかなりとれて、真直ぐ立てて、夜も寝むれるようになりました。 ③お悩みが改善されて(されたら)最も嬉しい事や、やりたい事はなんですか? 痛みとともに、下肢のむくみが無くなった。 ④同じような症状でお悩みの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。 自分でどうにかしようと思っているよりも、1日も早く痛みをとって、自分のやりたい事を元気にやった方がいいと思います。 坐骨神経痛でお困りの方はこちら

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page