top of page
  • 院長 石井 悌治

坐骨神経痛の患者様の体験談

更新日:1月21日

腰痛で足が痛い、しびれる 坐骨神経痛とはどの様な症状なのか? 片方の腰から足先にかけて走る末梢神経が腰骨の部分で圧迫されることであらわれる、痛み、しびれなどの症状のことを坐骨神経痛といいます。 ほとんどの場合、腰痛があり次第にお尻や太もも、ふくらはぎから足先に段々と痛み、しびれという症状があらわれてきます。 原因 坐骨神経痛は症状であり年齢層によって病態が違ってきます、若年層は腰椎椎間板ヘルニア、高齢層は脊柱管狭窄が一般的に多いです。 脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアは病態は違いますが自覚症状は同じで腰骨の部分で末梢神経が圧迫され、足に痛み、しびれを引き起こすことが多いです。 まずはじめに脊椎は、身体の支柱であるとともに、脳から脊柱の中を通って中枢神経を守る役割を担っています。中枢神経が走っている脊椎の中のことを脊柱のくだ、脊柱管といいます。 脊柱管狭窄症とは、腰骨にある年をとると脊柱管が狭くなって中枢神経や末梢神経が圧迫され、中高年に多く見られます。 高齢化とともに、腰骨の神経が出てくる部分が圧迫され、足に痛み、しびれ、重症化すると麻痺や足に力が入らず引きずったりと歩行障害を伴うことが多いです。 腰椎椎間板ヘルニア 腰骨と腰骨の間にはクッションの役割をはたす椎間板というものがあります。椎間板の中心には若年層では柔らかい髄核があり、椎間板ヘルニアは強い力が加わることによりこの髄核が飛び出して腰骨の中野神経が圧迫されてしまい足に痛み、しびれが起きてしまいます。 これが腰骨で起こるのが腰椎椎間板ヘルニアで、足に痛み、しびれを生じさせます。 良く聞く梨状筋症候群とは お尻の中心からすこし上の方にある筋肉を梨状筋といいます、梨状筋の中を縦に走るのが坐骨神経で、怪我や運動や様々なことで圧迫されて痛みが起こることを梨状筋症候群といいます。 症状 坐骨神経痛は若年層から高齢層まで多くの人に見られ、お尻、太もも、ふくらはぎにかけて、痛み、しびれ、ふくらはぎの硬さ、冷たい感じや焼けるような感じ、ギュっと締めつけられるような感じなどの症状が出てきます。 症状としては、足の太ももだけや、ふくらはぎだけに自覚することがあれば、片方の足全体に痛みやしびれを感じることも多くあります。かすと脚の痛みが激しくなる 安静にしていても、お尻や脚が激しく痛んで眠れない 施術法 当院での施術法としては、筋肉に対してはDAマッサージ、腰の関節に対しては骨盤調整 神経に対して内臓マニュピレーションを行います。 薬物療法 整形外科では鎮痛剤として痛み止めが出ます。しびれなどの神経に対してはリリカ、筋肉をやわらげる目的で筋緊張弛緩剤、血流を改善する薬などがあります。 ブロック注射 腰骨と腰骨の間に麻酔をいれるブロック注射、整形外科やペインクリニックなどで行われます。 リハビリ 整形外科などで運動やマッサージなどが行われます。 コルセットを用いて腰を固定して痛みを軽減する方法です。 その他 手術によって原因の部分を切り取ってしまう方法です。坐骨神経痛の施術はまず保存療法で始まるので初めから手術が行われることはありません、重症の場合は手術も検討されます。 予防するには 坐骨神経痛は、普段の生活を見直すと症状の改善や予防になります。


患者様よりお喜びのお声をいただきました

伊藤恭子さん写真
ank2

☆ K,Iさま 女性 44歳 ☆①初めて来院された際はどのような症状や悩みがありましたか? おしりから太ももにかけての痛み、しびれ ②当院で施術を受けるようになって、その症状や悩みはどのように変わりましたか? 5回受けた段階でまだせまい範囲での痛みが少しあるものの、しびれは全く感じない。 ③お悩みが改善されて(されたら)最も嬉しい事や、やりたい事はなんですか? とにかく動けるのが嬉しい ④同じような症状でお悩みの方にアドバイスやメッセージをお願いいたします。 早めの施術と、日々のケアが大事なようです。

#八千代 #痛い #習志野駅 #千葉県 #腰痛 #整骨院 #習志野 #施術 #腰痛整体 #北習志野 #坐骨神経痛 #患者様の声 #北習志野駅 #船橋 #整体 #療法

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page