top of page
  • 院長 石井 悌治

変形性頚椎症による首の痛み、首が回らない

69歳、男性。 仕事はパソコンでのデスクワーク。 初診日は平成29年2月10日、急性頚部痛で痛みが激しいために来院されました。 初見時では筋肉がこわばり、頚椎の動きが悪い。 左の上肢のツレ感、痛みとシビレ感がある。 また左よりは少ないが、右上腕にもツレ感がある。 既往歴は、慢性的な首痛があるということだが、元々動きが悪かったらしく車の運転などで振り向くことが出来なかったということです。 そこで2016年秋に、整形外科でレントゲンとMRI検査をされたようです。 当院の施術は、首のDAマッサージ、頚椎調整、PNFストレッチ。 ご自身のケアとして、寝方とストレッチの指導をしました。 この施術内容を6回続けたところ、痛みは首の左側のみになりました。 初めて来院された平成29年2月10日から平成29年3月25日まで施術を続け、筋肉の固さが中程度になり、頚椎の動きも初めに比べたらだいぶ良くなってきました。 神経の圧迫は左側にツレ感が残っている状態です。 施術の回数は、最初のうちは最低でも週3回。 だいぶ良くなったので、1か月後には週に2回になりました。 現在はメンテナンスで月に2回通院していますが、首の痛みは全くなく、動きも良い状態をキープしています。 このまま月に2,3回の施術とご自身のケアで現状キープしていければ、痛みやシビレなどの症状は出ないと思われます。

ブログ用画像文字(831,839,841,849,851,853,856,861,863,8
閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page