top of page
  • 院長 石井 悌治

寝違え、慢性腰痛、歩行時の股関節痛

症例 46歳 男性 船橋市 仕事 デスクワーク 来院時の状態 初診時の状態は首の寝違えと 慢性腰痛、右の股関節痛 どの様な悩みで来られたのか 左の首が痛い 時々腰が痛くなる 歩くと右の股関節が痛むという 状態でお越し頂きました 自覚症状も軽度のものでした 施術前 診断結果 首は急性期の寝違えで 筋の硬結 頚椎椎間関節の可動域の低下 腱反射の消失 ホフマン - ± トレムナー - ± コンプレッションテスト + 腰は慢性腰痛 筋の硬結 腰椎椎間関節の可動域の低下 腱反射の消失 EHL TAの低下は見られず 右の股関節は変形性股関節症です 右 内旋 0度 外旋 30度 左 内旋 0度 外旋 45度 どのような治療をしたかと言うと 首は当院独自の DA マッサージ 頸椎調整 PNF ストレッチ 腰は DA マッサージ 骨盤調整 内臓マニピュレーションを行いました 施術後どうなったか 首と腰、股関節全て動きが 良くなり頸部の痛みはなくなりました 右の股関節痛も歩いていただいたんですが 痛みが取れました 今後の課題 首、腰、右の股関節 全て関節の動きが悪いので 動きを良くしてあげて 痛みを取っていきます 今後どうしたら良いか 股関節はあまり歩きすぎず 負荷を加えないようにします 腰と首はストレッチなどを 指導し動きをキープして いただきます そうすることによって 筋、関節、神経 この三つを改善してあげることに よって首の痛み 腰痛、右の股関節痛 全てが日常生活で 痛みを出さないことができます

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

肩こりなどの原因にもなる 首からの頭痛, 首からのめまい 頻度 頭蓋骨と首の骨の間の奇形や上の方の首の骨のヘルニアでの頭痛の頻度は高いです。 しかし, 中くらいの首の骨での頭痛は稀で、一般的に頭痛は非常に多い症状なので、 中くらいの首の骨での首痛を訴えるときは、何かほかの頭痛の可能性が高い。 ポイント ①首の骨の動きによって悪化する頭痛である。 ②首の骨の上部に圧痛点や誘発点がある。

2022年 12月30日から2023年1月3日まで お休みさせて頂きます。 年末年始混雑する可能性がありますので お早目のご予約をお願い致します。 電話受付時間 10時~12時 15時~18時 上記で お問い合わせください タグ:ひまわり整骨院, 予定, 休診日, 北習志野, 北習志野駅, 営業日, 接骨院, 整骨院, 習志野, 習志野駅, 船橋, 診療日, 近い

bottom of page