top of page
  • 院長 石井 悌治

寝違えもたった1回3ステップの施術で痛みが激減


首の痛みについて… 慢性的な肩のコリや、寝違いなどの急性の痛みは大きく2つに分けられますが、最近の症例を交えて急性の痛みについてお話します。

症例のご紹介 44歳 男性 事務職 日常的に肩のコリ、首の痛みがあり、今回、痛みが強く他院へ通院したところ痛みが増してしまい、翌日当院へ来られたときは、痛みのため首が全く動かすことが出来ない状態でした。 施術としては、DAマッサージ、頚椎調整、マニュピレーションを行いました。 全く動かなかった首も約60%動くようになりました。 それに伴い、痛みも軽減いたしました。 患者さんもこれで何とか仕事ができると喜んでいただきました。 ですが、まだ完治ではないのでこれから、2~4回の施術する予定です。 それで、完治すると思われます。 このように、もともと肩のコリや痛みがある方は重症になることが多くなります。 普段から定期的なメンテナンスを心がけたほうがよいでしょう。 当院では、患者さんのお話をよく伺いそれから診察、施術に入りますので、安心して施術を受けていただくことが出来ます。 皆様の健康保持にお手伝いさせて頂きます。 肩こりでお困りの方はこちら

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page