top of page
  • 院長 石井 悌治

普段、歩くと左の腰が 痛く困っている。

症例 船橋市 70歳 男性 運動をしたいが 腰が痛くて出来ない。 初診時の状態 普段、歩くと左の腰が 痛く困っている。 運動もしずらく 思うようにいかない。 今まで軽度の腰痛は あったが、自覚が 軽かったので放置していた そこで、当院へ来院し 治療を始めることになった。 当院の検査結果 腰の筋肉が硬く 腰椎の動きが悪い 整形外科的徒手検査で 神経症状がある そして、腰を後屈すると痛む 腱反射は消失 左の足首の筋力低下 上記 診断により 70歳という年齢も 考慮すると 変形性脊椎症による 末梢神経の圧迫による 腰痛と判定した。 治療法は 原因がハッキリしたので 治療として 筋肉の硬さに対しては DAマッサージ 腰椎の動きに対しては 骨盤調整 痛みや神経症状に対しては 内臓マニュピレーション を行った 治療後 ほぼ 痛みは取れた 今後 治療を継続し 痛みが出ないようにする 予定。 患者さん自身のケア まず 腰痛ベルトを処方し 日中はしばらく付けて頂く そして、普段 夜の寝方の 指導を行い毎日行ってもらう 治療と患者さん自身のケア を行うことで腰痛に ならなくなります。 このように、定期的に ケアをすることにより 日常で腰痛が起きず 痛みのない生活を 送る事が出来ます。 痛みを我慢せず まずは、専門家に相談しましょう 解決策が見いだされます。 もし、納得がいかなければ 2軒、3軒 整形外科や治療院へ 納得のいくところで 治療を受けましょう。 放置して良いことは 全くありません。 当院では、初回限定で 腰痛でお困りの方へ プレゼントがあります。 特典を受け取ってください。 詳しくはこちら ☟☟☟ このブログを見たと 予約の際にお伝えください

#腰椎分離すべり症 #ギックリ腰 #整骨院 #八千代 #脊柱管狭窄症 #習志野駅 #治療 #千葉県 #習志野 #整形外科 #坐骨神経痛 #北習志野駅 #慢性腰痛 #船橋 #SBM整体 #整体 #接骨院

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

肩こりなどの原因にもなる 首からの頭痛, 首からのめまい 頻度 頭蓋骨と首の骨の間の奇形や上の方の首の骨のヘルニアでの頭痛の頻度は高いです。 しかし, 中くらいの首の骨での頭痛は稀で、一般的に頭痛は非常に多い症状なので、 中くらいの首の骨での首痛を訴えるときは、何かほかの頭痛の可能性が高い。 ポイント ①首の骨の動きによって悪化する頭痛である。 ②首の骨の上部に圧痛点や誘発点がある。

2022年 12月30日から2023年1月3日まで お休みさせて頂きます。 年末年始混雑する可能性がありますので お早目のご予約をお願い致します。 電話受付時間 10時~12時 15時~18時 上記で お問い合わせください タグ:ひまわり整骨院, 予定, 休診日, 北習志野, 北習志野駅, 営業日, 接骨院, 整骨院, 習志野, 習志野駅, 船橋, 診療日, 近い

bottom of page