top of page
  • 院長 石井 悌治

梨状筋症候群

梨状筋症候群 「概念と病態] 梨状節の「異常状態に外傷が加わって 起こる坐骨神経痛に対し、 状粉症候群という名称が 最初に用いられた。 坐骨神経の梨状筋部における 解剖学的破格について、 Beanaらは目21-27 のように分類している。 本邦手術における破格例の 頻度は約 40%であるが, 正常例においても筋腹内の 腱性部分による絞扼例や 外傷および特定のスポーツによる overuse が誘因で発症した症例な どが多く報告されている。 また特異な病態としては, 下殿動静脈部における 動静脈奇形などの血管異常や 梨状筋周囲の炎症または 腫瘍なども坐骨神経障害を 引き起こす可能性がある。 骨盤骨折や人工関節手術後など の後天的要因までも含めると, 実際は実に多くの病態 が関与しており, 骨盤外坐骨神経障害という 名称も提唱されている。 「臨床症状] 下肢に放散する痛みを伴う 殿部痛が主症状であり, 根性疼痛との鑑別がしばしば困難である。 Valleix 点での圧痛が極めて強く 座位保持が困難で, 大殿筋の萎縮が見られる点が参考となる。 理学所見では,股関節屈曲内旋強制 屈曲外転外旋ストレス により 疼痛が増強し,しばしば股関節外旋位での 歩行を呈するようになる。 また,疼痛のわりには SLR test が強陽性とはならない。 神経学的には,運動,知覚とも一般に 腓骨神経領域の障害が強いが, これも根障害との鑑別が容易ではない。 [診断のポイント] ①殿部打撲などの外傷歴や特定のスポーツ。 ②下肢放散痛を伴う殿部痛があり, Valleix 点での腰仙椎部の疾患 圧痛が特別強く, Freiberg test 陽性。 ③画像診断上は神経根障害が否定され, 坐骨神経ブロックが著効を呈する。 ④筋電図検査では,大殿筋に神経原性の 異常を認めるが,上殿神経支配の中, 下殿筋は正常である。 「 治療方針 ①画像検査から根障害を否定され、 確定診断がつかずに漫然と 治療される場合が多いので, 十分に病態を理解させ患者との 信頼関係を築くことが第一である。 ②診断的治療の意味でまず 坐骨神経ブロックを行う。 「保存療法 ①ステロイドと局麻剤による 坐骨神経ブロックや梨状筋内への 注入が著効を呈するが, 持続効果はまちまちである。 通常,週1回の割で3回程度行う。 ②特定のスポーツによる overuse が原因と考えられる 症例には,streching や トレーニングメニューの再検討を指導する。

#梨状筋 #八千代 #習志野駅 #治療 #千葉県 #腰痛 #治療院 #習志野 #北習志野 #坐骨神経痛 #北習志野駅 #船橋 #梨状筋症候群 #療法

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示
bottom of page