top of page
  • 院長 石井 悌治

肩の凝りを解消する枕の効果とは?


肩の凝りについて… 肩の凝りっていうと普通考えられるのは、パソコンなどで長時間同じ姿勢を取っていたり、赤ちゃんがいたりすると抱っこやおんぶが考えられるのですが、それ以外に実は「枕」も原因の1つといわれているんです。

1.「枕」は単に寝る時に使うものだけじゃない 枕は寝る時に使うもの。そんなイメージがあるかもしれませんが、首や背中を楽にするのに重要なものです。 もし枕が高過ぎれば首の骨を圧迫してしまい、肩の凝りや首痛を起こしてしまいます。 かといって低い枕に変えたとして、それが低過ぎると今度は首が埋もれてしまって肩に負担をかけてしまうし、睡眠が浅くなるという特徴があるので熟睡できない可能性があります。 また高過ぎたり、低過ぎたりというのは気道を圧迫するので、いびきの原因にもなるともいわれています。

2.じゃあ、肩の凝りにはどんな枕がいいの? じゃあ、肩の凝りにはどんな枕がいいの?という話になりますが、一番は「高さ」がフィットしているという事です。 少し前から枕専門店を見かけるようになりましたが、ここではキチンと頭や首の高さを測るので、オーダーメイドという形で貴方の肩の凝りを解消するのにピッタリな枕が出来上がります。 こんなオーダーメイドで枕を作れれば肩の凝りにはすごく効果があるのですが、なかなかそうはいかないという場合もありますよね。 お値段もそれなりにしますし。。。 そこで、家で貴方にピッタリな枕の高さを測れる方法をお教えします。 まず壁に頭・背中・肩をしっかり密着させて立ちます。 次にその状態で軽くアゴを引いて、その状態でできた首と壁の距離が貴方にピッタリな枕の高さです。 オーダーメイドのような緻密さはないけど、とりあえず高さが分かれば枕を買いに行った時に選びやすいですよね。

3.枕は定期的に買い替えを 皆さん、枕って定期的に買い替えますか? 大抵の場合、破れたり、へたれたりしたら買い替えるという事はあっても、『定期的に』という方は少ないと思います。 枕は使い続けていけば、当然ですが凹みが深くなったり、どちらかに偏ったりします。 これをそのまま使い続けると、肩の凝りの原因や既に肩に凝りがある場合は悪化する恐れがあります。 だからもし凹みが深くなったり、偏ったりしたら買い替えましょう。 ★枕の寿命って。。。★ ここで定期的に買い替える一つの目安として、枕の寿命についてお話しします。 枕の寿命は使われている素材によって違ってきます。 例えば、そば殻のような自然素材のものだと半年~1年ほど、ウレタンや低反発といった化学繊維のもので1年~3年くらいといわれているので、枕の寿命は意外と短いんです。 ウレタン素材のものだと5年くらいもつ場合もあるようですが「肩の凝り悩まないように…」と考えると3年くらいがベターなようです。

※まとめ※ 肩の凝りで悩んでいる人の場合、原因として普段の自分の生活スタイルに目がいきがちなので「枕」に原因があると思いつくのは、後々になってからではないでしょうか。 人生の3分の1は睡眠といわれています。 その睡眠の時の枕が肩こりの原因となるとしたら、毎晩、寝ているだけで肩の凝りの原因を自分で作っているといっても過言ではないと思います。 肩の凝りの解消そして安眠の為にも、今使っている枕をチェックしてみる必要があるかもしれませんね。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
bottom of page