top of page
  • 院長 石井 悌治

自律神経失調症による不眠症

自律神経の乱れによる不眠症 年齢 69歳 性別 女性 初診日 2018.9.21 初診時患者訴え 不眠 既往歴 半年前より不眠の為眠れず。 今までどの様な検査をして来たか  病院へ通院していたが不明 今までどの様な治療をして来たか  病院で睡眠薬を処方される 結果自覚症状はどうなったか  不眠改善せず 初診時当院での診断結果  不眠症 どの様な症状があったか  検査の結果、首の症状があり自律神経の不具合があると推測された。 どの様な治療を行ったか  首周りの治療と自律神経失調症に対する治療を行った  DAマッサージ  頚椎調整  PNFストレッチ  内臓マニュピレーション 初回治療後の自覚症状はどうか  治療直後は楽になったと言う 1カ月後治療回数、自覚症状はどうなったか  9.21~10.17までに7回の治療をおこなった  初回から不眠は改善した 3カ月後治療回数、自覚症状はどうなったか  本人の希望により10.17で治療を終了した  12.4再来院  患者さんの訴えによると10.17~11月中旬まで  よく寝れていたと言う  11月中旬より睡眠薬を飲み始めたが不眠が改善されず。  12.4再度治療開始し2時間眠れたという  12.5 2度目の治療で6時間眠れたという  あと数回治療をし症状を落ち着かせる予定。 当院で治療をする事による見込みは  治療を続けると不眠症は改善する  その後メンテナンスに移行し自律神経失調症の治療を  定期的に行うと不眠は起こらないと思われる 患者さんへのアドバイス 何か自覚症状がある場合は自分で判断せず、長年様子を見ずに 専門家の意見を聞きましょう。 早ければ早いほど症状の改善も早いです。 悩む前に診察をし専門家に聞いてしまった方が早いです。 お問い合わせ ひまわり整骨院 047-464-6639

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
bottom of page