top of page
  • 院長 石井 悌治

若年のヘルニアで重度の坐骨神経痛


症例のご紹介

症例1 女性 当院へ来る前は、2016年1月31日より右の坐骨神経痛があり、重症化した。 整形外科でレントゲン検査をして、骨自体には異常がないということで内服をしていた。 特に腰痛は無く、右の坐骨神経痛のみで、当院へ来た際はやはり腰は痛くなく坐骨神経痛のみでした。 骨盤調整の動画

ブログ用画像文字(831,839,841,849,851,853,856,861,863,8
閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page