top of page
  • 院長 石井 悌治

頚椎症による左上肢の痛みとシビレを改善


腕にシビレのある患者様の症例

症例のご紹介 60代 男性 会社員 2ヶ月前より左上肢痛みとシビレがあり、整形外科で診察した結果「変形性頚椎症」と診断され、自覚症状としては左腕の痛みとシビレ感があるということで、当院へ来院されました。 当院でまずは診察をしましたが、原因は整形外科と同じ診断結果です。 加齢による変形性頚椎症からくる、神経の圧迫での左上肢に痛みとシビレが出るという診断になります。 なぜ、変形性頚椎症で左上肢に痛みやシビレが起こるのか? その原因というのが、首の頚椎から腕の神経が出ているので、 首が悪くなると腕が、「痛くなったり」「シビレたり」「つったり」という症状が出るのです。 患者様ご本人は、「2ヶ月前から痛みやシビレが突然出た」とおっしゃて来院されましたが、基本的には加齢によるものなので、5年10年20年とだんだん症状が悪化して、あくまでも自覚症状が2ヶ月前に出たということで、「突然」と皆さんおっしゃいますが、基本的には突然悪くなったりはしません。 年を重ねるにつれ、だんだん悪くなって自覚症状が出る。 ほとんどの方が、このような形で症状が出ます。 ひまわり整骨院独自の施術 さてこの方の原因が分かりましたので、施術の方針としましては、まず1番が頚椎の部分で腕の神経が圧迫されてしまっているので、神経の圧迫をとってあげることが第一です。 そしてその神経の圧迫をとりつつ、神経の回復を促してあげる。 まず頚椎調整で、頚椎と頚椎の関節の部分を緩めてあげて、腕の方にいく神経の圧迫をとってあげます。 そうすると痛みやシビレが緩和していきます。 神経の回復を待たなくてはいけないので、回復という点で言いますと、長い目でみて、1ヶ月単位で経過観察をしていく必要があります。 そしてもう1つ、症状としては筋肉も張っているので、指圧で筋肉をほぐしてあげます。 当院の独自のもみ返しにならない指圧ですので、毎日続けることが出来ます。 そしてもう1つ、少し変わった施術ですがPNFストレッチを行います。 ストレッチという名前ですが、施術として行うストレッチです。 どのような施術かといいますと、患者さんと施術家2人でやるストレッチになります。 患者さんに力を入れていただいて、施術家がそれに対して抵抗を加える。 簡単な施術法なんですが、効果は普通のストレッチの3倍はあります。 なので、効果結果が高い施術になります。 この方は「DAマッサージ」「頚椎調整」「PNFストレッチ」 この3つの施術法で進めていきます。 首のPNFストレッチの動画

ブログ用画像文字(831,839,841,849,851,853,856,861,863,8

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

坐骨神経痛とは年齢や性別に関係なく起こりうるものです。では、どこがどうなると坐骨神経痛になるのか?人というものは多かれ少なかれ腰痛を経験するものです。初めに腰に違和感が出てきます。それを長年ほおっておくと腰痛になります。そしてお尻に違和感痛みに変わってきますこの時点で坐骨神経痛です。それを自分の判断で様子を見てしまうとだんだん、足の方に違和感になり痛みが出てきて、しびれてきます。この時点で重症です

bottom of page